これは書かねば

尖閣諸島に関してのデモがあった、なんて皆さんご存知でしたか。中国ででしょうか。とんでもない日本でです。
 尖閣諸島への中国侵略行為を糾弾するデモやチラシ配布が、10月2日に全国一斉に行われたのだそうです。
 人事のような書き方ですが、このことは本日、WILL増刊号でジャーナリストの山際澄夫氏が述べております。
 それによりますと、東京・渋谷では10月2日の午後、約2,700人が渋谷駅、表参道、原宿など数キロを1時間以上に渡って「尖閣は日本の領土だ!」、「中国の侵略は許さないぞ!」などと、シュプレヒコールをしながら行進したそうです。
 この記事を読んで、早速ネット情報を見てみました。
 すると、あるわ、あるわ、例えば10月16日5千人規模で中国大使館を包囲します。集会は5千人規模、午後2時に東京都の乃木坂駅の青山公園南地区。3時デモ出発。
 10月30日には、13:30から集会場所
は大阪西区の新町北公園。
 全国で結構やっているのです。頼もしいですね。
問題はこれをマスコミが一切報道しないことです。私が信頼を置いているサンケイ新聞でも、(私が見落とした可能性もありますが)見た覚えがありません。

同WILLの記事として、田母神氏の激「泥棒に、理解を示すな」、当たり前ですね。