あるお役所のお仕事

ある市役所に、受任した相続税申告に関しての必要から、固定資産の評価証明書の発行を依頼した。
相続人の委任状と定額小為替を入れ、輸送でお願いしたところ、私の身分証明書と、被相続人と相続人の親子関係がわかる書類も送れとときた。
 ハイハイと応じて、これを別便で郵送をしたのであるが、今度は被相続人が亡くなったことがわかる書類も送れという。
 一体全体、固定資産の評価証明書にどれだけの機密性や秘密性ががあるとういうのか。
 電話口で怒ったところ、件の女子職員は、規則ですから曲げられないという。
 上司に変われというと、誰が(電話に)出ても応えは一緒だと宣う。
 他の市役所にも、同様に固定資産の評価証明書を郵送依頼をしたのであるが、他は委任状だけでOKであった。
 まあ、このような世間ずれをした市役所もある。
 どこの市役所とは言いませんが、伊賀のある市役所とだけ言っておきます。
 私の品性からしてあまりボヤきたくはないのですが、本当に腹が立ちます。閲覧数: 1355