脚下照顧

個人の確定申告は本日やっと終わった。一旦めまぐるしい業務の中に放り込まれると、それはそれで活気と楽しさが伴うが、正常ではなくなるようなところが出てくる。そして何かが抜けていくように思う。事務所が慌しかったのは2月に入ってからであるから高々30日間の話である。もしこの状態が2月続けば多分躁の状態が日常化して、どこかで大きなミスを犯すに違いない。
 それでも私などは職業柄から、上手に自分の時間がみつけられる。今の時期が過ぎれば4月などは比較的に暇である。
 一国を預かる小泉さんなどは、この数年殆ど躁の状態にあるように見受けられるし、本当に正常な判断できているのか知らんと私は思う。
 何年もの間、国政を任して本当によいのだろうか。
そう謂えば、最近痴漢をして逮捕された国会議員がいた。彼も日常が忙しくて躁の状態にあったのだろうか。同情するわけではないけれど。