宣戦布告 戦闘開始

我が家にはTVはない、従って払う必要はない。但し事務所にはTVを置いている。
実は事務所のTVの受信料の支払いを拒否してもう数年は経っている。
支払拒否が流行りだしたのはつい最近のことであるから、私は筋金入りである。
 NHKのいやらしさは、国家国民に対する愛情がなく、国益を考えずに水平的正義を垂れるところにある。古今東西を貫くような正義はあるまいに。
 たまにNHKの集金人が来れば「受信料は○×国と△△国等から払って貰え」と言う事にしている。またこの集金人、来るタンビに人が代わっている。その上集金に来る都度、「なぜ払わないのか」と同じことを聞く。
 毎回同じことを言わすな、記録ぐらいとっておけと言いたくなる。
NHK報道のすべてを否定するつもりは無い。民放にはない質の高い番組があることを認めない訳にはいかないだろう。
 しかしである、その質の高い報道のなかにサブミラル効果よろしくとんでもない報道を挿むところが、実にいやらしいのである。
最近7月末での拒否件数は117万件、未契約が800万件程度ということらしい。
 督促状がくることを私は楽しみにしている。くれば戦闘開始である。
私の同朋が大勢いることは想像に難くない。あちらこちらで戦端が開かれるであろう。