愛の流刑地

渡辺淳一氏は日経朝刊に小説を連載されている。この先生、似たようなテーマの話をときおり新聞に連載される。勿論、読む方にしても飽きないテーマであるから読者もまたあるのだろう。
しかし朗読に値する小説ではないし、人前でアッケラカンとは読むことも出来ない。
 そこで皆さんに質問です。この「愛の流刑地」は次のジャンルのいずれに該当すると思われますか。
1.文芸小説
2.おとぎ話
3.推理小説
4.探偵小説
5.剣豪小説
6.サスペンス
7.道徳論
8.参考書
9.教科書
10.探検小説
11.ポルノ小説
12.戦争論
13.哲学書
14.観音様の話
15.宗教一般論
16.女体論
17.男根論

 ヒント 読みようによっては何れにも該当する可能性があります。
 但し回答によっては品性が問われますよ。